【ラーメン紀行】vol.2 鶏の旨味が凝縮した
「麺 ひばり」のこだわり絶品らーめん

2017年4月20日
IMG_8391_2

「美味しい。」
それが、初めてスープをすすった時、思わず口から出た言葉だった。
こってりでもなく、あっさりでもない、すーっとお腹におさまるスープは、
どこか懐かしく、それでいて決して古いわけではない絶品のスープである。
麺は細麺でコシがあり、スープとよく絡み五臓六腑に染み渡る。
と、食通でも評論家でもない私が感想を述べたところで、
伝えきれるわけもないので、ぜひ一度食べていただきたい。
自信をもってお勧めしたい一品なのである。

そのらーめん屋さんは、上福岡駅西口から
徒歩で4分ほどのところにある「麺 ひばり」。

IMG_8424

店主のムロさんは、埼玉のラーメン屋を数多くわたり歩き、
12年もの間、修行を重ねた本当にらーめんにこだわり、らーめんを愛する方なのだ。
修行の中では、あえてチェーン店を選び味だけではなく、
繁忙状態の厨房での取り回し方まで学んだとのこと。

IMG_8369

そんな、店主が現在提供しているのは、
鶏ガラを10時間しっかりと煮込んだスープを使用したらーめん。
これが絶品。
どちらかというと豚骨や魚介などからとったスープを使用しているらーめんが流行りではある中、
あえて「鶏」を選んだという。
それは、らーめんを作り続けているうちに、鶏の本当の美味しさに改めて気づかされたからだ。
豚骨はこってりとして若い人向けという感じだが、
鶏はきちんと煮るとスープを全部飲めるくらいおいしくなるので調味料が少なくても十分しっかりした味になる。
だから、若い人からご年配の方まで幅広い方にぜひ味わっていただきたいと店主は語る。
実際、私が何度か訪れた時にも、小学生から60歳くらいの女性の方の姿が見えた。
おばあちゃん4人がオープン前から並んでいたこともあったという。

冒頭で、「こってりでもなく、あっさりでもない」と述べたが、
まさに、昔懐かしいらーめんを何倍にもバージョンアップさせた感じなのだ。
余談ではあるが、「雲雀らーめん」に乗っている「鳴門」は、
そんな懐かしいらーめんを取り入れているからだという。

スープだけではなく、使用している醤油もこだわりをもっており、
川越の地醤油を使用している。
また、「雲雀らーめん」ではメンマは大きくて歯触りが良い。
味玉が中までしっかり味が染み込み、大きなチャーシューも肉好きの私にはたまらない。
柔らかく、本当に美味しいチャーシューなのだが、店主はまだまだ研究中とのこと。
これ以上美味しくなるのかと思うと、さらに期待が高まるばかりである。

IMG_8387_2

さて、ここでやっぱり気になったのは、「ひばり」という店名。
店主によると、いくつか理由があるという。
ひとつは、鶏の旨味を凝縮したスープなので鳥にちなんだ名前にしたかったとのこと。
また、ひばりの声は、鳥だけでなく、美空ひばりさんのように良い声というイメージがあり、
らーめんを食べたお客様が「美味しい」と、鳥のさえずりのようにおっしゃっていただける
お店にしたかったからとのこと。
う〜ん納得。なんとも良いお話を聞かせていただいた。

hibari_tennai

「特におすすめはなんですか?」と伺うと「全部です!(笑)」とおっしゃる店主。
すべてのらーめんに研究を重ね、愛情とこだわりをもって仕上げた一品なので、
これが本心の応えなのだろう。
それでも、定番としてはやはり「雲雀らーめん」。
冬は期間限定で味噌ラーメン。(ただし人気があったので、ゴールデンウィークくらいまで延長とのこと。(2017年))
それから、「今(4月現在)から暑い時期にはやっぱり「つけ麺」が人気です。」とのこと。
つけ麺は、鶏ベースに煮干しだしと魚粉で今風にしているが
「最後は「麺 ひばり」の味がする」とお客さんから言われたと店主。
今回の取材で、このつけ麺をいただいたが、
たしかに、最後は「麺 ひばり」のしっかりとした鶏の風味が残り、こちらも大変美味しかった。

店主のムロさんは、温厚で繊細な感じのする方。
その人柄が現れたかのような、どこか懐かしくやさしいらーめんをぜひ味わってみてほしい。
何度も食べたくなることは間違いない。

IMG_8410
(写真はつけ麺大盛り)
<今回注文したもの>
・雲雀らーめん(薄口)980円
・つけめん大盛り(400g)900円
IMG_8420

麺 ひばり
〒356-0004 埼玉県ふじみ野市上福岡5-1-10
営業時間:火〜土/11:30-15:00 17:00-22:00|日/11:30-15:00 (ラストオーダー15分前) 定休日:月
Twitter:https://twitter.com/hibari161021



《トコフジ記者 文・写真:あらた》



☆よろしければ、トコフジfacebook に「いいね!」「フォロー」してくださったらうれしいです☆


PAGE TOP